2016年図書館サポートフォーラム賞について

図書館サポートフォーラム賞

図書館サポートフォーラム賞


2016年4月2日(土)付の北國新聞朝刊に掲載された記事によりますと、石川県古書籍商組合の組合員である金沢文圃閣 田川 浩之氏は、図書館サポートフォーラムという団体よりこの度「第18回図書館サポートフォーラム賞」を授賞することとなったとの報道がなされておりました。
田川氏は、古書店経営のかたわらで、様々な出版事業を手がけており、そのひとつに「文圃文献類従」という、膨大な書誌情報をまとめたシリーズを始めとした刊行物を発刊しています。
この出版事業が、図書館サポートフォーラムより、ユニークで社会的に意義のある各種図書館活動として認められ、今回の授賞に至ったものであります。
以下にその受賞理由を、図書館サポートフォーラムのHPより転載させて頂きます。
なお、表彰式は4月18日(月)に開催予定とのことです。
この度の授賞、誠におめでとうございます。

田川浩之 氏(金沢文圃閣 代表)
 田川氏は北陸の古都金沢において古書店を営むとともに、書籍・出版・図書館・書誌・戦時期文化史資料などに関わって他にない出版活動を展開している。特色的な数例を挙げてみるならば、出版・書誌・書物メディア史の「文圃文献類従」には、田川氏ご自身の解題になる全2巻の『出版情報(戦時占領期出版関係史料集)』、天野敬太郎の「書誌の書誌」を完結せしめた『日本書誌の書誌-社会科学編(主題編3)』があり、「図書館学古典翻訳セレクション」には、ガブリエル・ノーデ『図書館設立のための助言(品切)』やピアス・バトラー『図書館学/印刷史著作集』ほかの藤野幸雄父子による訳書がある。ちなみに故藤野幸雄氏は2009年第11回の本賞を受賞されている。さらに2001年第3回本賞の受賞者である深井人詩氏の先導によって2001年以来の年刊書誌雑誌『文献探索人』、そして『文献探索人叢書』の刊行を続けられるなど、図書館員による書誌・年譜編纂の成果公開のための貴重な場を提供していることは、図書館員の自己研鑽へ向けての大きな支援、エールであると考えられる。この事業自体、図書館の外から図書館と図書館人をサポートする、まさに図書館サポートフォーラム賞にふさわしく、高く評価して表彰するものである。

今回は田川氏の他にも、埼玉県立久喜図書館、手代木俊一氏(立教大学立教学院史資料センター員/元・フェリス女学院大学附属図書館)が授賞されています。
詳しくはリンク先の図書館サポートフォーラムのページをご参照下さい。
受賞理由部分の転載許可を頂いた図書館サポートフォーラムに御礼申し上げます。

古書目録発行のお知らせ

地元の古本屋6軒ほどで、年2回、「金沢書友会 古書目録」を発行しています。

次回、第43号を、6月末に発行予定です。御希望の方がいましたら、お名前・住所・電話番号を書いて、お気軽にお申込みください(無料)。目録発行時に、メール便で、お送りします。内容は、発行の古い本からあたらしい本、数万円のものから何百円のものまで、バラエティに富んでいるかと思います。

〒920-0984
金沢市池田町2-20-1
TEL 076-221-4088
文学堂書店   越 務
bungakudo@cello.ocn.ne.jp


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あなたのブラウザに「日本の古本屋」検索を (リニューアル版)

古書検索サイト「日本の古本屋」が2015年1月19日に全面リニューアルされました。本を探すお客さんはこれまでと同様、あるいはもっと便利に使えるようになっていると思います。古本屋のほうはデータ形式の変更にアワを食い、新しい操作に戸惑い、四苦八苦しております。

さて、以前に『あなたのブラウザに「日本の古本屋」検索を』と題して、そのとおりの機能を紹介しましたが、今回の「日本の古本屋」全面リニューアルに伴ってURLが変更になり、そのままでは使えなくなってしまいました。そこで今回、新サイトに対応させたものをご紹介します。

Firefox の場合、まず以前の検索機能を追加していた場合は、それを削除します(図1)。検索バーのアイコンをクリックすると一番下に「検索バーの管理…」とあります。そこの中で古い「日本の古本屋」を削除します。

「日本の古本屋」の検索機能

図1: 選択肢に「日本の古本屋」

次のリンクをクリックすると、新しい検索機能が追加されます。

以上です。簡単でしょう? 使い方は以前の記事を参照してください。

Chrome の場合もほぼ同様です。上のリンクをクリックすると、次のような窓が開きます。2番めの「キーワード」は短くて覚えやすいもの—たとえば nh など—に変更しましょう。

検索エンジンの追加

図2: 検索エンジンの追加

使い方は、アドレスバー(上部のほうにある、URLや検索語を入力する欄)で、さきほどのキーワード(例では nh) と入力してスペースを押します。すると……

アドレスバー

図3: アドレスバー

あとはそこに検索語を入力して検索するだけです。

それでは、どうぞ新しい「日本の古本屋」をお楽しみください。

ブックECO金沢 街中フェスティバル2014 & 本供養

ブックECO金沢2014

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

石川県古書籍商組合では3年より、金沢企業人フォーラムが行っているイベント「ブックECO金沢」と連携をし、本供養を行っております。

本年は9月28日(日)10:00〜16:30、昨年と同様に、柿木畠ポケットパーク(うつのみや本店隣)にて、本のチャリティー販売・本供養など本に関するイベントをイベントを行います。
当日までに公民館に寄せられた本を、チャリティー販売しておりますので、掘り出し物や、探していた本に出会えるかもしれませんよ。

当日、石川県古書籍商組合では、10:00〜16:00の間に、古本何でも相談室を開いて、古本の関するよろずご相談を承っております。

供養したい本をお持ち込みの方は、当日15:30までに会場内の石川県古書籍商組合受付までお持ち込み下さい。
当日は、16:00より石浦神社による本供養のお祓いが執り行われます。
「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

ブックECO金沢2014につきましては、金沢企業人フォーラムのページ、こちらをご覧下さい。
ブックECO金沢のリーフレットにつきましては、こちらよりダウンロードして頂けます。

皆様のご協力・ご参加をお待ち申し上げております。

金沢湯涌夢二館企画展 — 「南陽堂書店」主人が愛した夢二

金沢市のイベント情報より、転載します。


平成25年度、金沢市尾張町の名物古書店であった「南陽堂(なんようどう)書店」はその70余年の歴史に幕を下ろしました。先代の店主である故・柳川昇爾(やながわしょうじ)(1904-1978)はなみなみならぬ熱意をもって古書店を生業とすると同時に、竹久夢二(1884-1934)の熱狂的なファンにして蒐集家でもありました。

当館は、その旧蔵品である日本画「後園新菓(こうえんしんか)」や「子守(こもり)」をはじめ、雑誌や書籍の挿絵などの印刷作品、同時代資料や夢二についての研究資料類を含む約60点の寄贈を受けました。

古書類を愛した柳川昇爾は、昭和14年(1939)頃、「天下の書府」として名高い金沢の地に店を開き、博識であたたかな人柄によって学生や識者らが篤い信頼を寄せる相談相手となりました。本展では、そのような素顔を探りつつ、柳川氏の愛した夢二の魅力に迫ります。

「南陽堂書店」主人が愛した夢二 — 柳川昇爾コレクション新収蔵記念展
開催期間 2014年7月19日(土曜日)〜2014年9月28日(日曜日)
09時00分〜17時30分
入館は17時まで
開催場所 金沢湯涌夢二館
金沢市湯涌町イ144-1
電話番号076-235-1112

ブックECO金沢 街中フェスティバル2013 & 本供養

ブックECO金沢2013
全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

石川県古書籍商組合では一昨年より、金沢企業人フォーラムが行っているイベント「ブックECO金沢」と連携をし、本供養を行っております。
本年は9月29日(日)10:00〜16:30、昨年と同様に、柿木畠ポケットパーク(うつのみや本店隣)にて、本のリユース・絵本ライブ・本供養など本に関するイベントをイベントを行います。

当日、石川県古書籍商組合では、10:00〜16:00の間に、古本何でも相談室を開いておりますので、古本の関するよろずご相談を承っております。

供養したい本をお持ち込みの方は、当日15:30までに会場内の石川県古書籍商組合受付までお持ち込み下さい。
当日は、16:00より石浦神社による本供養のお祓いが執り行われます。
「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

ブックECO金沢2013の公民館への本の事前お持ち込みにつきましては、こちらをご覧の上、お近くの公民館へお持ち込み下さい。
ブックECO金沢の詳細につきましては、こちらをご参照下さい。
ブックECO金沢2013のチラシはこちらよりPDFファイルがダウンロード・プリントアウト出来ますので、どうぞご利用下さい。

皆様のご協力をお待ち申し上げております。

読創的 金沢の古本屋

読創的 金沢の古本屋

2月27日付、北陸中日新聞にて金沢市内の古本屋を大きく特集して頂きました。
題して「独創的 金沢の古本屋」。
1ヵ月近くかけて、熱心に取材して頂き、全12段で大変に大きく取り上げて頂きました。
是非ご一読下さい!

石川県古書籍商組合の古書店マップもご紹介頂き、早速金沢駅構内の、石川県金沢観光情報センターから、マップを置かせて欲しいとの嬉しいお電話を頂きました。
金沢市に觀光でお越しの皆様、どうぞご利用下さい。

Web版はこちらからどうぞ。

ブックECO金沢 まちなかフェスティバル2012&本供養


全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

さて石川県古書籍商組合では昨年から、金沢企業人フォーラムが一昨年より行っているイベント「ブックECO金沢」と連携をし、本供養を行っております。
今年は10月28日(日)9:30〜16:30、昨年と同様に、柿木畠ポケットパーク(うつのみや本店隣)にて、本のリユース・絵本ライブ・本供養など本に関するイベントをイベントを行います。

当日、石川県古書籍商組合では、9:30〜16:00の間に、古本何でも相談室を開いておりますので、古本の関するよろずご相談を承っております。

供養したい本をお持ち込みの方は、当日15:30までに会場内の石川県古書籍商組合受付までお持ち込み下さい。
当日は、16:00より石浦神社による本供養のお祓いが執り行われます。
「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

ブックECO金沢2012の詳細につきましては、こちらをご覧下さい。

第20回一箱古本市@源法院

『一箱古本市』とは、「一箱」に、もう読まなくなった本、捨てるに忍びない本、みんなに読んでもらいたい本を中心に、手作り小物・野菜・ちょっと怪しいガラクタを詰め、金沢・主計町の路地裏にある小さなお寺・源法院の境内に並べる、ささやかな古本イベントです。本好きであれば、どなたでも出店できます。
 開催されるのは毎月最終の日曜日。界隈を散歩がてら、どうぞお気に入りの一冊・一品をお探しください!

 【日 時】  1028日(日) 10〜16時頃
  【会 場】  源法院 境内&門前金沢市主計町1-6)
  【出店料】   1000円/一箱

 問合せ、申込みは、あうん堂本舗又はオヨヨ書林まで