有言実行

 新年おめでとう!と挨拶を交わしていたというのに、気がつけば1月も早や半ばを過ぎてしまった。そんなお正月気分もすっかり抜けてしまった過日、親しい友人たちと遅ればせながら恒例の新年会を催した。どこにでもある新年会だが、一つ変わっているのは参加者全員が昨年自己申告した「私の目標2011」の成果を発表し、次いで「私の目標2012」を宣言することである。
 順番に昨年の成果を自己採点して発表していくのだが、さすがにというべきか、やっぱりというべきか、100点満点はいない。それもそのはず、彼氏を作る、陶芸を極めるといった目標の友人たちは、設定が甘い、とみんなから責められる。一方、海釣りをする、店は休まないと宣言した友人たちは、誇らかに100点満点!で拍手を受ける。かくいう私の目標は、本を三点出版する!であり、結果は33点。そう、なんとか一点は日の目を見たものの、もう二点は見事に企画倒れであった。
 「夏休みにすること」とノートに書かされた小学生から、「売り上げ○○円、○○資格取得」と自己申告用紙に書き込んだ社会人となっても、私たちはいつも目先の目標に追われていたような気がしてならない。サラリーマンを辞め古本屋のオヤジになったというのに、年に一度昔と同じようなことをしているのには笑ってしまうのだが、一つ違うのは、今やりたいことを楽しんでやることができる「夢」を語っていることだろう。
 さて、オヤジの今年の目標だが……お楽しみは1年後に。

コメントを残す