古本は、買って満足……

 店にやって来るお客さんから、いつでもお好きな本を読めるのがいいですね、とよく声を掛けられる。私自身も二年前に店を始めた頃にはそう思っていたのだが、これが実はなかなかなのである。サラリーマン時代は、通勤電車の中の僅か10分の時間でも文庫本を開いていたというのに、今では10分あればひたすら本の表紙を拭いている。

 そんな古本屋のオヤジが久しぶりに読んだのが、樽見博著『古本通(ふるほんつう)』(平凡社新書)。 “欲しい古本は、買って満足!読んで2度目の満足!!” と書かれた帯文に惹かれ、一気に読み終えてしまった。経験の浅いオヤジには参考になるところも多かったが、今度この本を読んだお客さんが蔵書を売りにいらっしゃたらどうしよう……、と悩みの種がまた一つ増えてしまった。

コメントを残す