近八書房 の紹介

近八書房と申します。古書店の店先を日々通り過ぎてゆく書物や、金沢の風物、事象などを思いつくままに書き綴って参りたいと思います。

スマートフォンやらタブレットやら



今日は古本の話題から外れて、最近感じたことなどをひとくだり。

さて、やれパソコンだ、ITだと世の中が大騒ぎしていたのは、もう10年以上も前のことになるのだろうか。
いまや時代はパソコンどころではなく、やれスマートフォンだ、タブレットだとやらを持ち歩かなければなりません的な時代になった様なのである。
かくゆう自分も、既にスマートフォンを持ち歩き始め、はや一年と数ヶ月を数えるに至っているのである。
先日、所用により東京に出掛けた時なども、いまだ北陸新幹線開通も先のこととて長時間を過ごす電車の中において、これほど重宝なものは無いなとつくづくと感じ入った次第なのある。

兎に角もこれ一台ぶら下げていれば、メールチェックやWebブラウジングは云うまでも無く、暇潰しにゲームなんぞも出来るし、近隣にお喋りな乗客でも乗り合わせることになれば、音楽プレーヤーとしてイヤフォンで両の耳を塞ぎ、耳障りな世間話などをスルーすることだってお茶の子さいさいなのである。
久々の東京に着いてしまえば、昼に何を食べようかなどと思い悩んでも、マップに付近のグルメスポットを表示させ、和食、フレンチ、イタリアン、中華にエスニックとなんでもござれ。
宿泊先への道順だってスムーズにご案内、途中に面白い光景でも見付けようものなら、内蔵のカメラでパチリと撮って、ツイッターやらFacebookに投稿して地元の友人とコミュニケーションを楽しむことなんかも出来る訳である。

でもね、こんなにどっぷりとスマートフォンに依存している自分でも、東京都内の電車に乗っている時に、一寸ぞっとする光景を目にしてしまったんだ。
それは何かと云えば、電車に乗っているかなりの部分の人々が、黙々と携帯電話やスマートフォンを操作しているところが眼に入ってしまうというもので、田舎暮らしで普段通勤で公共交通を利用したりしない自分にはやはりどこか馴染めない光景なのであった。
と云う訳で、帰路はスマートフォンを胸ポケットにしまい込み、東京駅でしこたま買い込んだビールやらツマミやらを嗜みつつ、車窓を流れる風景に眼をやりながらの旅路を楽しんだ訳である。

ああ、でもタブレットも欲しい。
だってスマートフォンの画面は小さすぎて老眼の進みつつある我々年代には辛いんだもん。
だが待てよ、そういえば先立つものも無いし、やっぱり使い慣れたノートパソコンが一番手に馴染むだよなぁなどと、ロートルは溜息雑じりに呟くのであった。

おしまい。

和綴じの修理

ここ金沢では、藩政期に五代藩主前田綱紀公が、初代前田利家公の時代より愛好されてきた金春流から、宝生流へと流派を替えたことをきっかけとして、加賀宝生と呼び慣わされる位に栄えてきました。
宝生流の能楽は現在も市民の間で広く愛好されており、市内の公民館などでは宝生流の謡曲教室が盛んです。
そこで必要になってくるのが謡本ですが、これがいまでも昔ながらの和綴じ本(和装本)として販売されています。

宝生流謡本

ご覧のように和綴じ本(所謂四つ目綴じ)は4つの穴に綴じ糸を通して造本をする訳ですが、この綴じ糸が困ったことに実によく切れるのです。

綴じ糸切れ

今回は、一昨年の古書の日イベントでも講習会をしました綴じ糸の切れた和綴じ本の修理について書いてみたいと思います。
上の画像のように1箇所でも綴じ糸が切れてしまえばこれを繋ぎ直すのは無理なんです。
それは、綴じ糸が一本の糸で途切れることなく綴ってあるからで、無理に他の糸で繋ぎ直そうとしても、とても体裁の悪いものになります。
ここは思い切って、綴じ直しにチャレンジしてみましょう。
続きを読む

今年も本供養2010!

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

本供養2010

私ども石川県古書籍商組合では本年も、下記の通り「本供養」を開催致したく、ご案内申し上げます。

「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

昨年の収益はユネスコに寄託し、「ユネスコ世界寺子屋運動」による、世界中の恵まれない子供達の教育・識字運動の一助とさせて頂きました。

今年も、金沢神社の全面的なご協力を頂き、10月2日(土)・3日(日)の2日間に亘り、境内をお借りする事が出来ましたので、こちらで供養させて頂く本の受け入れを致します。

学問の神であり前田家のご先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉された、本供養にふさわしい場を快くご提供頂いた金沢神社宮司、厚見正充様には、改めて御礼申し上げる次第です。

ご蔵書の処理にお困りの方は、この際是非ご参加下さいます様、お待ち申し上げております。

本年は新たに、金沢東別院金沢西別院の境内にて、9月27日(日)午前11時より午後7時まで古本市と本供養の事前告知を中心としたプレイベントを開催致しました。
プレイベントにて開催しました本の解剖講座ー本はどんなしくみになっているのーについては、後程その内容の一部をアップさせて頂きたいと思います。

本供養2010は、例年通り第1土曜・日曜に当たる10月2・3日に金沢神社境内にて開催致します。

[gmap name=’p78′ lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ zoom=’14’]
[gmark lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ desc=’本供養会場: 金沢神社’]
[/gmap]

本供養の概要は下記の通りとなります。

「本供養」

日 時: 2010年10月2日(土)午前10時〜午後5時

          3日(日)午前10時〜午後4時

               午後4時より本供養(お祓い)

会 場: 金沢神社境内 金沢市兼六町1番3号

方 法:

1.ご不要となった本は金沢神社境内にて受け入れを致します。本は必ずひもで縛るか、段ボール箱に入れた状態でお持込み下さい。また上記日時以外の金沢神社への本のお持込みは、何卒ご容赦下さい。

2.お車でのご来場は可能ですが、駐車場が少ないので、本を受け入れている間のみのご利用に限らせて頂きます。場内では係員の誘導に従って下さい。

3.お持ち寄り頂きました本とお引替えに、しおり(古書の日、金沢神社参拝記念)、石川古書店マップをお渡し致します。

4.一度お持込み頂きました本は一切返却出来ませんので、内容をご確認の上、不要なものだけをお出し下さい。また、本の間に挟まった私信なども同様ですのでお出しになる前にご確認下さい。

5.本供養は金沢神社様のご協力により、石川県古書籍商組合が執り行っております。本事業に関するお問い合せは下記の石川県古書籍商組合までお願い致します。金沢神社へのお問い合せはご容赦願います。

お問い合せ先: 石川県古書籍商組合
〒920-0854 石川県金沢市安江町1-11
近八書房内
TEL/FAX 076-231-6148

今年も開催! 古書の日イベント&本供養

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

09年度本供養

09年度本供養

私ども石川県古書籍商組合では本年も、下記の通り「本供養」を開催致したく、ご案内申し上げます。

「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

昨年の収益はユネスコに寄託し、「ユネスコ世界寺子屋運動」による、世界中の恵まれない子供達の教育・識字運動の一助とさせて頂きました。

今年も、金沢神社の全面的なご協力を頂き、10月3日(土)・4日(日)の2日間に亘り、境内をお借りする事が出来ましたので、こちらで供養させて頂く本の受け入れを致します。

学問の神であり前田家のご先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉された、本供養にふさわしい場を快くご提供頂いた金沢神社宮司、厚見正充様には、改めて御礼申し上げる次第です。

ご蔵書の処理にお困りの方は、この際是非ご参加下さいます様、お待ち申し上げております。

本年は新たに、石川四高記念文化交流館1Fの多目的利用室1にて、9月27日(日)午前10時より午後6時まで展示会(出品目録はこちら)と本供養の事前告知を中心としたプレイベントを開催致します。

本供養につきましては、例年通り第1土曜・日曜に当たる10月3・4日に金沢神社境内にて開催致します。

[gmap name=’p78′ lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ zoom=’14’]
[gmark lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ desc=’本供養会場: 金沢神社’]
[/gmap]

イベントの概要は下記の通りとなります。

「古書の日プレイベント」

日 時: 2009年9月27日(日)午前10時〜午後6時

会 場: 四高記念文化交流館 金沢市広坂2丁目2番5号

内 容: 1. 古書に見る石川の教育史展 (出品目録はこちら)

2. 和綴じ本綴じ糸修理講座

3. 古本よろず相談室

4. 本供養告知・書籍受け入れ

「本供養」

日 時: 2008年10月3日(土)午前10時〜午後5時

4日(日)午前10時〜午後4時

午後4時より本供養(お祓い)

会 場: 金沢神社境内 金沢市兼六町1番3号

方 法:

1.ご不要となった本は金沢神社境内にて受け入れを致します。本は必ずひもで縛るか、段ボール箱に入れた状態でお持込み下さい。また上記日時以外の金沢神社への本のお持込みは、何卒ご容赦下さい。

2.お車でのご来場は可能ですが、駐車場が少ないので、本を受け入れている間のみのご利用に限らせて頂きます。場内では係員の誘導に従って下さい。

3.お持ち寄り頂きました本とお引替えに、しおり(古書の日、金沢神社参拝記念)、石川古書店マップをお渡し致します。

4.一度お持込み頂きました本は一切返却出来ませんので、内容をご確認の上、不要なものだけをお出し下さい。また、本の間に挟まった私信なども同様ですのでお出しになる前にご確認下さい。

5.本供養は金沢神社様のご協力により、石川県古書籍商組合が執り行っております。本事業に関するお問い合せは下記の石川県古書籍商組合までお願い致します。金沢神社へのお問い合せはご容赦願います。

お問い合せ先: 石川県古書籍商組合
〒920-0854 石川県金沢市安江町1-11
近八書房内
TEL/FAX 076-231-6148

「古書」展示即売会のお知らせ

「古書」展示即売会

「古書」展示即売会

「古書」展示即売会

█ 会期 7月9日(木)〜12日(日)

(午前10時〜午後7時まで。最終日は午後5時まで)

█ 会場 アートシアター いしかわ

(金沢市片町2-2-5 ラブロ片町7階ギャラリーII)

※郷土関連古書籍・史料をはじめ、専門書・美術書・全集など

稀少貴重な古書、約3000点余りを展示販売いたします。

※なお、出品古書は一品限りでございますのでお早めのご予約

をお待ち申し上げます。
※宇都宮本店並びに参加店にて出品目録抄をご用意致しておりますので、ご用命下さい。

▢ 特別出品・展示コーナー

うつのみや130年の歩みと郷土関連史料集

█ 同時開催!

『新本』(B本・非再販本)

バーゲンブックフェア

※出版社の倉庫に在庫されていた本を非再販本として

旧価格の30〜70%OFFにて販売します!

▢ 読み物、児童書、実用書、辞典から郷土書まで

約3500点余りを展示販売いたします。

▢ 参加書店:加能屋書店古書ダックビル近八書房一誠堂能瀬書店

▢ 主  催:うつのみや

▢ 後  援:北國新聞社テレビ金沢

※入場無料!お気軽にご来会下さい。

10月4日は古書の日、10月は古書月間 古書月間イベント「本供養」開催!

 

本供養08

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

 

私ども石川県古書籍商組合でも、「石川の古本屋HP」の開設、「石川古書店マップ」の作成、「石川の古本屋HP」のリニューアル(ブログ化)など様々な広報活動に取り組んで参りました。 この活動の一環として昨年は「本供養」を開催させて頂きました。 

本年も、下記の通り「本供養」を開催致したく、ご案内申し上げます。

「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

昨年は震災に遭われた能登地区の復興支援の一助にと、能登半島地震災害義援金として石川県に寄託させて頂きました。

今年も、金沢神社の全面的なご協力を頂き、10月4日(土)・5日(日)の2日間に亘り、境内をお借りする事が出来ましたので、こちらで供養させて頂く本の受け入れを致します。

学問の神であり前田家のご先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉された、本供養にふさわしい場を快くご提供頂いた金沢神社宮司、厚見正充様には、改めて御礼申し上げる次第です。

ご蔵書の処理にお困りの方は、この際是非ご参加下さいます様、お待ち申し上げております。

 

本年は、新たに併催イベントとして5日(日)の午後2時より、朗読小屋 浅野川倶楽部の高輪真知子氏による朗読会を開催させて頂く事と致しましたので、併せてお楽しみ頂ければと思っております。

 まだ3年目のささやかなイベントではございますが、今後も継続して参りたいと存じますので、報道各社様に於かれましてはご取材の程、お願い申し上げる次第でございます。

 

[gmap name=’p78′ lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ zoom=’14’]
[gmark lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ desc=’本供養会場: 金沢神社’]
[/gmap]

 

「本供養」開催要綱
日時: 2008年10月4日(土)午前10時〜午後5時          

 5日(日)午前10時〜午後4時
午後4時より本供養(お祓い)
場所: 金沢神社境内 金沢市兼六町1番3号
方法: 1. ご不要となった本は金沢神社境内にて受け入れを致します。本は必ずひもで縛るか、段ボール 箱に入れた状態でお持込み下さい。また上記日時以外の金沢神社への本のお持込みは、何卒ご容赦下さい。
  2. お車でのご来場は可能ですが、駐車場が少ないので、本を受け入れている間のみのご利用に限らせて頂きます。場内では係員の誘導にしたがって下さい。
  3. お持ち寄り頂きました本とお引替えに、しおり(古書の日、金沢神社参拝記念)、石川古書店マップをお渡し致します。
  4. 一度お持込み頂きました本は一切返却出来ませんので、内容をご確認の上、不要なものだけをお出し下さい。また、本の間に挟まった私信なども同様ですのでお出しになる前にご確認下さい。
  5. 本供養は金沢神社様のご協力により、石川県古書籍商組合が執り行っております。本事業に関するお問い合せは下記の石川県古書籍商組合までお願い致します。金沢神社へのお問い合せはご容赦願います。

 

「本供養」イベント/朗読の愉しみ

 

1 期 日    10月5日(日)  午後2時

2 会 場    兼六園内 金沢神社境内 (雨天時社務所内和室)

3 出演者    高輪眞知子氏  (朗読小屋 浅野川倶楽部)  

4 朗読作品   五木寛之作『小立野刑務所裏』(予定)

5 朗読時間   25分

6 参加費    無料

 

【出演者プロフィール】

高輪眞知子  Machiko Takanawa

1973年、東京ドラマスクールを卒業後、金沢でドラマ工房「ピコロ」を結成、別役実作品に挑戦。1990年より制作集団「鏡花劇場」に参加。地元演劇界の代表的女優。2000年、泉鏡花記念館開館1周年記念公演 朗読劇「湯島の境内」出演を機に出前公演を企画し、現在に至る。地域演劇の活性化に貢献し、平成十四年度「金沢市文化活動賞」を受賞する。 2005年4月、表川なおきと共に「朗読小屋 浅野川倶楽部」を設立。県民市民を対象に朗読講座を開講し郷土文学作品の魅力にふれると同時に地域文化のあり方を追求している。

 

お問い合せ先: 石川県古書籍商組合
〒920-0854 石川県金沢市安江町1-11
近八書房内
TEL/FAX 076-231-6148

10月4日は古書の日、10月は古書月間 古書月間イベント「本供養」開催!

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

私ども石川県古書籍商組合でも、「石川の古本屋HP」の開設、「石川古書店マップ」の作成、「石川の古本屋HP」のリニューアル(ブログ化)など様々な広報活動に取り組んで参りました。
この活動の一環として昨年は「本供養」を開催させて頂きました。
(昨年の本供養の模様はこちら

本年も、下記の通り「本供養」を開催致したく、ご案内申し上げます。

「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益は、3月に震災に遭われた能登地区の復興支援の一助として頂きたく、石川県の能登半島地震災害義援金に寄託させて頂きたいと考えております。

今年も、金沢神社の全面的なご協力を頂き、10月6日・7日の2日間に亘り、境内をお借りする事が出来ましたので、こちらで供養させて頂く本の受け入れを致します。
学問の神であり前田家のご先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉された、本供養にふさわしい場を快くご提供頂いた金沢神社宮司、厚見正充様には、改めて御礼申し上げる次第です。

ご蔵書の処理にお困りの方は、この際是非ご参加下さいます様、お待ち申し上げております。

[gmap name=’p78′ lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ zoom=’14’]
[gmark lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ desc=’本供養会場: 金沢神社’]
[/gmap]

「本供養」開催要綱
日時: 2007年10月6日(土)午前10時〜午後5時    

 7日(日)午前10時〜午後3時
午後3時より本供養(お祓い)
場所: 金沢神社境内 金沢市兼六町1番3号
方法: 1. ご不要となった本は金沢神社境内にて受け入れを致します。本は必ずひもで縛るか、段ボール 箱に入れた状態でお持込み下さい。また上記日時以外の金沢神社への本のお持込みは、何卒ご容赦下さい。
  2. お車でのご来場は可能ですが、駐車場が少ないので、本を受け入れている間のみのご利用に限らせて頂きます。場内では係員の誘導にしたがって下さい。
  3. お持ち寄り頂きました本とお引替えに、しおり(古書の日、金沢神社参拝記念)、石川古書店マップをお渡し致します。
  4. 一度お持込み頂きました本は一切返却出来ませんので、内容をご確認の上、不要なものだけをお出し下さい。また、本の間に挟まった私信なども同様ですのでお出しになる前にご確認下さい。
  5. 本供養は金沢神社様のご協力により、石川県古書籍商組合が執り行っております。本事業に関するお問い合せは下記の石川県古書籍商組合までお願い致します。金沢神社へのお問い合せはご容赦願います。
お問い合せ先: 石川県古書籍商組合
〒920-0854 石川県金沢市安江町1-11
近八書房内
TEL/FAX 076-231-6148

_____________________07.gif

函に入った本の扱い

日頃店先で、本を函から出そうとして四苦八苦、大事な函を壊しやしないかと、端から見ていても冷や冷やするお客様を、お見かけする事があります。

本好きの皆さんにも、多分そんなご経験をなさった事が、一度ならずおありだと思います。

稀に湿気ってしまって本の中身が膨らんでいたり、水を被って表紙と函がくっついていたりで、函から本が出なくなってしまったものもあるにはありますが、大抵の場合は単に函から本を取り出す方法が間違っているだけなのです。

函の寸法が本に対して余裕があれば、どうやってでも普通に本は取り出せますが、中には確かに妙に函がきついものがあるのも事実です。

この様な本に行き当たってしまった場合、多くの方々は本を函から取り出すのに苦労し、挙げ句の果てに函を壊してしまったりします。

その様な不幸に見舞われない為、またコンディションの好い状態で古本屋に本が還流する為にも(笑)、今日はここに、きつめの函からもスムーズに本を取り出すコツを、書き連ねておきましょう。

多くの方々は、本を函から取り出す際に、親指と中指を函の側面に差し込みながら、本の背を摘みつつ引っ張り出そうと、試みておられるのだろうと思います。

今これを見ているあなたも、多分そうなのではないでしょうか。

この方法でも確かに、函と本との隙間に余裕のあるものであれば、ごく普通に取り出す事が可能でしょう。

d0022345_1626202.jpg
ところが、妙にキッチリと出来上がってしまった不幸な関係の函と本の場合、この方法では函から本を取り出す事に、尋常ならざる困難を伴う様になります。

何故ならば前述の様に、親指と人差し指を函の側面に挿入する方法は、その行為により函の側面を外側に引っ張る事となり、それが函の天地を圧迫する事態となり、ただでさえ寸法に余裕のない函の、天地が本に押しつけられる事となります。

こうなると人は更に深々とその指を函に差し入れ、何とか函から本を引き抜こうとし、事態は悪化するばかり。

さて、それではこの不幸な関係の函と本をどう取り扱うのか、その方法は実に簡単なのです。

先ずは、函の側面に差し入れられた二本の指を速やかに引き抜き、本の背を下に向け、両掌で本の天地を軽く挟む様に、持ち上げてみましょう。

この時、注意しなければならないのはただ1点、本はあくまで取り落とさない程度に、軽く挟んでおく事だけなのです。

後はそのまま、本の背が下を向く様にしたまま、下に向かって数回振ってやれば、先程までの状況が嘘だったかの様に、慣性の法則に従って本は函からスルリと抜け落ちる事でしょう。

d0022345_1626202.jpg

そう、これをお読みのあなたには、もう本を取り出そうとしても出てこないあのいらいらから、ついに解放されたのです。
早速本を買いに(古本屋へ)出かけようではありませんか。

能登半島地震について

このたびの能登半島地震で被災されました皆さまへ心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を祈念いたします。

また、県外各地のみなさまよりご心配および励ましのお言葉をいただき、厚くお礼申し上げます。
石川県古書籍商組合各店において大きな被害のあった店はほとんどなく、現在各店とも平常どおりに営業致しております。何卒ご休心のほどお願い申し上げます。

石川県古書籍商組合

本供養顛末記

ずいぶんと間が空いてしまいましたが、石川県古書籍商組合にて10月28・29日の両日にわたって開催した本供養についてのご報告をしたいと思います。(本供養の主旨については、先のエントリをご参照下さい。)

何分にも初めてのイベントでもあり、組合として対外的に取り組む事柄は久しぶりであったという事もあり、10月4日の古書の日に合わせて、組合サイトでの発表、記者クラブへのプレスリリースの配布によるパブリシティーなどでわずかながらも広報をしてきたのですが、いかんせんアピール不足は否めないところでもあり、日程が迫ってくるにつれいったいどれほどの本が集まるのか不安は募るばかりでした。
熱心に取材して頂き、記事を掲載して下さった新聞各社様には、心より御礼申し上げます。

そんな状態のまま本供養当日の28日を迎え、車に機材類を積んで会場となる金沢神社へと向かったのでした。

CA330058.jpgCA330056.jpg 幸いにも秋晴れの良い天気に恵まれ、集まった理事の皆さんと用意してきた誘導用の看板やノボリ旗を設置し、境内にテントを張り、テーブルを並べるとどうにか会場も格好が付き、宮司の厚見さんが張った下さった注連縄で、会場はいよいよそれらしい雰囲気になってきました。

CA330061.jpg
予定の10時になり、当番として集まってくれた皆さんは成巽閣手前の受入場所と境内の本部テントに分かれて本を待ちます。

予想に違わず最初は静かな滑り出しで、本当の持ち寄って下さる方があるのだろうかとやや懐疑的な雰囲気が漂いはじめる中、11時過ぎに始めのお一人がお車で本を持ち込んで下さいました。
お礼代わりに石川県古書店マップと古書の日の栞、金沢神社さんからご提供の参拝記念の栞の三点セットをお渡しします。
これを口切りに午後からは続々と本が持ち込まれはじめました。

CA330062.jpg
中には自転車やスクーター、手持ちで少しずつ持ち込まれる方もおられ、本当に感謝の気持ちで一杯になりました。
本部テントでは、そうやって持ち込まれた本を交換会(市場)に出品する物と、リサイクルに出す物へと仕分けていきます。

この様にして、二日間に亘って持ち込まれた本は段ボール箱にして50〜60箱分にもなったでしょうか。
初めてにしては 思いもかけぬ量になり、そのうちの約半分は交換会へ出品出来るものでした。

これらの本は二日目の29日、午後3時からお祓いして頂き、 会場から運び出されていきました。

061029e.jpg
仕分けられた本は、11月10日に開催された石川組合秋季特選市と24日の通常市に出品され、無事第二の人生へと旅立っていきました。
会計報告やユネスコへの寄託などは追ってこのサイトにてご報告したいと思います。

今回は準備期間も短く至らぬ所も多い企画ではありましたが、皆様の温かいご支援があって何とか無事終了することが出来ました。
折角はじめることのできた「本供養」なので、来年も引き続き開催し、定着させていきたいと考えております。

皆様からのご提案やご意見などがございましたら、遠慮なくお寄せください。