もらって嬉しい句集とは

ゆうべ、本好き友達三人とひさしぶりに集まって夕食をともにしました。

一人がこのところ、人生初の体験である句会に凝って、どれだけ楽しい時間を過ごしているかをめんめんと語り出しました。投句の方法や評価されたときの嬉しい気持ち。他の人達の句の背景を知って感心する気持ち。話す様子から、彼と仲間たちの充実ぶりがよく伝わりました。句会の衰えない人気の秘密も理解できるというものです。

友達の楽しい話をきいて聞き手の二人は、じゃあこんどは、吟行も企画したらたのしいね、などと言って祝福しつつも、やがて句集を出したくなるのでしょう、とすぐに行く末を連想しました。わたしも「古本屋としても句集はねえ」と、「ねえ」で止めるコメント。古本として入荷の山に存在するならば、仕事ですから市場での扱いをかんがみて、適切と判断した対応をとることができます。しかし個人的にもらった場合はどうしましょう。いただいて楽しんだのももちろんあります、が。ここも「が」で止めましょう。

詩集はかなり好きです。一冊ひといきに読み通すと胃もたれするので、辞書のようにときどきぱっと開いて、出てきたページを読んだり、あちこち読んでよく噛むほうが、体質には合っています。

しかし句集は……。一句の中に、ある世界が凝縮されています。仮に単なる数だけ問題にしても、句は一行ですから収録数はどうしたって詩集より多くなります。だいたい複数をいちどきに受け取ることすら、しんどいわけです。見開きに四句だって多いのに、六句、十句はきついでしょう。一句はいっぱいのお茶のようなものですから、せいぜい二、三杯でよいとおもいます。まじめに読もうとするほどに、そういう気分になるのです。

「そもそも句に本という形態が合っていないのではないか」というのがそのとき思いついたわたしの意見でした。勢いにまかせて「だからせいぜい、日めくりくらいのアレンジがあってもいいと思うんですよね」

「ひ、ひめくり?」
「一日一句?」
「格言みたいに?」
「トイレにかざる?」
「相田みつを風?」

ビッグネームの連想にまで至り、句会の本人もワクワクモードです。その流れであらためて句集の未来について考え始めました。そうしたら、もっとよいことを思いつきましたよ。それはメモ帳出版です。

「やっぱりメモ帳にして。斜めにおける固定のボールペン付きでおねがい。それなら電話の脇に置くし。相手の待ち時間に一句読めるからちょうどいい。端に句がひとつ入っていて、あとはメモ欄。一枚一句ね」

我ながらナイスアイデアです。「これならもらってもいいです」

「紙の下の方に、句会の会場の店名と電話番号いれてもオッケー。これでスポンサーもとれましたね。どうしても、ということであれば紙全面に透かし模様で似顔絵をいれても構わないし」
親切アイデアも付加しました。

でも反応からすると、こちらのアイデアはむしろ負荷だったようです。
負荷?

負荷といえば、メモ帳出版なら本のようにあとあと形に残らないところも、受け手側の負荷低減に役立つではないですか!大発見。

メモ帳として機能を果たして役に立ち、しかもいつのまにかさりげなく消えてゆきます。いっぽう大好きになった一句については、冷蔵庫に磁石で貼ってもヨシ、額装してもヨシ、お友達への手紙に同封してもヨシ。すばらしい。これは書籍というスタイルでは真似できない利点です。

全国の印刷屋さんに版元さん、これからは「句集メモ帳」という新分野をお客様にお勧めしてみてはいかがでしょうか。

アイデアは妄想となり、さらに暴走となり、そして夜は更けてゆきました。

どこでも読書

待ち時間が好きです。といっても、手のかじかむ風がびゅーびゅー吹くようなところでとか、悪臭でひどく居心地の悪い場所などといったら論外です。それに、ものには限度もあります。ですからもちろん、過酷な状況ではなくて、病院や免許更新など、ちょっとした待ち時間が好き、ということです。

どうして好きかというと、読書ができるからです。他のことができるときは、それらをしてしまいます。本の整理やデータ入力、メールの返事、家事、庭や畑の仕事、お出かけ、などなど。畑があると、栗拾いやら草刈やら、トマトの収穫とか梅干しつくりだとか、そんなことにも追われたりします。出掛けた先でほかのことができない状態に陥ると、「やったー!読書の時間だ」となります。鞄には活字のものを常備してあります。このまえは、サンダーバード内でみすず書房から届いた「パブリッシャーズ・レビュー」創刊号と、「図書目録」2012年版をめくるだけで、長距離移動がものすごく楽しくなりました。

美容院なども格好の読書タイムです。あまりヘンなものは持って行かないように、と思ったものの、こちらがヘンかな、ヘンじゃないかな、という些細な違いは美容師さんにはたいして関係がないようです。とりあえず「こちらの方は読書好き」ということで、もう扱いにも慣れられて、「何を読んでいるのか」など訊ねられることもなくなりました。「読書家ですね」といわれると、お客様のみなさんを考えて、とてもわたしなど読書家に入らないとおもいながらも、「本に追われているんですよ」とこたえました。一応それは正確なこたえです。

きょうはどうしても急いで読み上げたい洋書がありました。このところ、朝、家人たちが起き出す日の出前に、辞書を片手に読んでいます。それでつづきを美容院で読みたかったのですが、辞書持ち込みまではよろしくないでしょう。辞書無しで読むことにしました。ちょっとわからないところがでてきます。一方隣の席では、なにやらダンス教室に通っているという話の中高年男性が、今月で町会の仕事もおわるのでこのあと公式の外出の機会もないからと、大胆なヘアースタイルチェンジを謀っているようでした。「ほんとにいいんですね?」「ええ。問題といったら、娘にバッカじゃないの、と言われるくらいでしょう、あはは」など楽しそうに、美容師さんと話し合いながらカットをすすめています。つまり、ここまでつい耳が話をひろってしまっています。髪型がどういうふうに変わっていくのかも、すごく気になりました。外の風景を見るふりをしてチラリ。読書のほうは、少しはページが進んだものの、集中できないまま時間が終了となりました。

ああ、これだったら美容院でしか手にとらないながら、楽しみにしている雑誌の「VERY」の熟読すればよかったなー! ああ、しかも今月は井川遙大特集だったのねー! しっぱいしっぱい、と、ややアホな後悔をしながら帰途についたのでした。

前髪も切りすぎでした。

金沢駅に古書と新刊書の合同即売所

「本の広場」ポスター

「本の広場」は古書店4店と新刊書店1店による本の合同販売所です。金沢駅構内にあります。以前は「トレンド館」でしたが、現在は「あじわい館」で復活しています。

近隣には下記の便利な設備もあります。

■金沢駅自動交付機コーナー (友愛ショップ内)
住民票(写)、印鑑登録証明書が交付できます。
●利用時間/平日8:30〜19:00 (土日・祝日を除く)

■こどもらんど
親子のふれあいや、子育て相談もできるスペースです。
●営業時間/10:00〜16:00
●定休日 /月曜日 (月曜日が祝日の場合、翌日が休館)
     年末年始休業

古本のお好きな方は、どうぞお立ち寄りください。

金沢駅で即売会ふたたび

金沢駅百番街に本の合同即売所が帰ってきました。5月14日から5月末日までの短い期間ですが、トレンド館はウェルカムアイランドに本の山ができております。山へ、川へ、ショッピングへと、おでかけの機会も多いことかとおもいます。駅をご利用の際など、ぜひお立ちより下さい。

JR金沢駅に古書のコーナーが誕生しました

hon-no_hirobaJR金沢駅のショッピングモール「百番街」のトレンド館に新しく古書のコーナーができました。看板「本の広場」が目印です。場所は新刊書店さんのすぐ側。石川の古本屋からは、一誠堂能瀬書店とDuckbill(ダックビル)がすでに参加しています。県外の古書店の出品もあり、豊富な品揃えです。是非お立ち寄りください。

福野で合同即売会

夏の最後は古本即売会へどうぞ。場所は富山県南砺市福野のショッピングセンター「ア・ミュー」です。手頃な本、思いがけない本、定番の本、などなどとり揃え、皆様のご来場をお待ち申し上げます。
石川古書組合加盟店からは、近八書房、一誠堂能瀬書店、Duckbill(ダックビル)が参加しています。

会 期:8月26日(水)〜8月31日(月) 開店10:00〜閉店21:00
会 場:ショッピングセンター「ア・ミュー」富山県南砺市寺家新屋敷366 (福野)

JR金沢駅「百番街」で古本即売会

即売会のご案内です。場所はJR金沢駅構内のショッピングタウン「百番街」トレンド館です。蔵出しの品等多数取りそろえ、皆様のご来場をお待ち申し上げます。

会 期:5月15日(金)〜5月31日(火) 10:00〜20:00

出店者:
一誠堂能瀬書店
古書 Duckbill
フレンド書店(富山市)
文明堂書店(高岡市)

古書業者の3パターン

今日は交換会。交換会ではバリバリ入札するために出品された本の山々の間を目を光らせて巡回するものですが、同業者同士で有益な情報交換をする場でもあります。最近の山の雪状況とか、腰痛対策とか、副業に農業している方とはそろそろ植え付けのはじまるジャガイモの種芋種類とか・・・・。 あ、本の話もしますよ!

さて今日は福井の某書店さんと、北陸3県の古書業者には3パターンあるという話になりました。

その1)
2代目、3代目、X代目というケース。ただしそのうち幼少から「古本屋さんになるんだ!」と決意していた人はあるかないかで、「前は全く違うことをしていたけれども今はここにいます」という方が目につきます。まる代目組。

その2)
退職して生活の基盤を持った上で古書店を開店。あるいはベースとなるほかの仕事を確保しつつ古書の商いをスタート。しっかり組です。

その3)
そして最後は「なんかいろいろやってきたけど、何故か古書に辿り着き、そしてまだそこにいる」という漂着組。実はこの層が無視できない厚みを持っています。

かくゆう柳行李も3なのでございます。ですから店頭で、「ずっと本屋さんに憧れていたんですか?」とか「いいですねえ、退職後の理想の職業だよね、うらやましいな!」とか言われるお客様もありますが、柳行李は漂着組ゆえに、あいまいな表情を浮かべるばかりなのでした。

図書館駐車場にて

道路や駐車場で車を誘導する係員の技量には差が大きい。混雑しがちな駐車場では係員の判断と指示がものをいうのに、中にはその存在意義について問いたくなるような人もたまにいる。
金沢市内には、県立図書館のほかに玉川図書館・泉野図書館という二つの市立図書館と、三つの公立図書館がある。わたしはその三つとも利用しているが、その誘導技術と采配において、玉川図書館常駐の、やや体格のよいガラガラ声の眼鏡の係員の方(仮に以下ガラさんとする)は圧倒的にすばらしい。

といってもわたしはご本人と世間話や挨拶を交わすなど個人的に親しくしているわけではない。駐車場で長話など禁物である。ただ、ガラさんはすいているときも混んでいるときも、駐車しようとする者に的確に指示をだせるという点において高技術であり、それでわたしが一方的に好意を寄せている。

ある日、出かけたついでに図書館に本を返すために車で玉川図書館に寄ったとき、駐車場に入りかけてから前方に数台がすでに行列中であることが判明した。何もこんな日に寄らなくてもよかったと悔やみかけたとき、ガラさんが窓ごしに声をかけてきた。「返却だけですか。もしそうであれば、代わりに返却してきますからいまここで本を渡してください。」おお、なんと有難い申し出。並んだ車両みなに聞いて回っていたようである。実に助かった。このような申し出を受けたのはこれが初めてだったが、駐車場混雑緩和という観点からは、みなにとって助かること。こんなエピソードは一例にすぎない。

ガラさんはロボットやマニュアル頼りにはできないその場その場の判断ができる係員なのだ。