ふるほん市のご案内


10月4日は古書の日、10月は古書月間です。
全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベントに取り組んおります。
石川県古書籍商組合でも本年は、「ふるほん市」を開催する事となりました。
10月6日(金)〜8日(日)の3日間、午前10時より午後6時まで(最終日は午後5時終了)、近江町いちば館広場にて開催致しておりますので、どうぞご来場下さい。
きっと掘り出し物が見つかりますよ!

掘り出し物が見つかる大ワゴンセール!
古書月間イベント ふるほん市

2017.10.6(金)・7(土)・8(日)
 10:00〜18:00(最終日は午後5時終了)
近江町いちば館広場 金沢市青草町88番地

石川縣下の古本屋が大集合!  古書マップ「石川の古書店案内」も配布します!
あうん堂本舗/オヨヨ書林/金沢20世紀書房
金沢文圃閣/加能屋書店/高橋麻帆書店/近八書房

お問合せ:近八書房 金沢市安江町1-11 TEL/FAX 076-231-6148
                  主催:石川県古書籍商組合

ブックECO金沢 街中フェスティバル2014 & 本供養

ブックECO金沢2014

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

石川県古書籍商組合では3年より、金沢企業人フォーラムが行っているイベント「ブックECO金沢」と連携をし、本供養を行っております。

本年は9月28日(日)10:00〜16:30、昨年と同様に、柿木畠ポケットパーク(うつのみや本店隣)にて、本のチャリティー販売・本供養など本に関するイベントをイベントを行います。
当日までに公民館に寄せられた本を、チャリティー販売しておりますので、掘り出し物や、探していた本に出会えるかもしれませんよ。

当日、石川県古書籍商組合では、10:00〜16:00の間に、古本何でも相談室を開いて、古本の関するよろずご相談を承っております。

供養したい本をお持ち込みの方は、当日15:30までに会場内の石川県古書籍商組合受付までお持ち込み下さい。
当日は、16:00より石浦神社による本供養のお祓いが執り行われます。
「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

ブックECO金沢2014につきましては、金沢企業人フォーラムのページ、こちらをご覧下さい。
ブックECO金沢のリーフレットにつきましては、こちらよりダウンロードして頂けます。

皆様のご協力・ご参加をお待ち申し上げております。

金沢湯涌夢二館企画展 — 「南陽堂書店」主人が愛した夢二

金沢市のイベント情報より、転載します。


平成25年度、金沢市尾張町の名物古書店であった「南陽堂(なんようどう)書店」はその70余年の歴史に幕を下ろしました。先代の店主である故・柳川昇爾(やながわしょうじ)(1904-1978)はなみなみならぬ熱意をもって古書店を生業とすると同時に、竹久夢二(1884-1934)の熱狂的なファンにして蒐集家でもありました。

当館は、その旧蔵品である日本画「後園新菓(こうえんしんか)」や「子守(こもり)」をはじめ、雑誌や書籍の挿絵などの印刷作品、同時代資料や夢二についての研究資料類を含む約60点の寄贈を受けました。

古書類を愛した柳川昇爾は、昭和14年(1939)頃、「天下の書府」として名高い金沢の地に店を開き、博識であたたかな人柄によって学生や識者らが篤い信頼を寄せる相談相手となりました。本展では、そのような素顔を探りつつ、柳川氏の愛した夢二の魅力に迫ります。

「南陽堂書店」主人が愛した夢二 — 柳川昇爾コレクション新収蔵記念展
開催期間 2014年7月19日(土曜日)〜2014年9月28日(日曜日)
09時00分〜17時30分
入館は17時まで
開催場所 金沢湯涌夢二館
金沢市湯涌町イ144-1
電話番号076-235-1112

ブックECO金沢 街中フェスティバル2013 & 本供養

ブックECO金沢2013
全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

石川県古書籍商組合では一昨年より、金沢企業人フォーラムが行っているイベント「ブックECO金沢」と連携をし、本供養を行っております。
本年は9月29日(日)10:00〜16:30、昨年と同様に、柿木畠ポケットパーク(うつのみや本店隣)にて、本のリユース・絵本ライブ・本供養など本に関するイベントをイベントを行います。

当日、石川県古書籍商組合では、10:00〜16:00の間に、古本何でも相談室を開いておりますので、古本の関するよろずご相談を承っております。

供養したい本をお持ち込みの方は、当日15:30までに会場内の石川県古書籍商組合受付までお持ち込み下さい。
当日は、16:00より石浦神社による本供養のお祓いが執り行われます。
「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

ブックECO金沢2013の公民館への本の事前お持ち込みにつきましては、こちらをご覧の上、お近くの公民館へお持ち込み下さい。
ブックECO金沢の詳細につきましては、こちらをご参照下さい。
ブックECO金沢2013のチラシはこちらよりPDFファイルがダウンロード・プリントアウト出来ますので、どうぞご利用下さい。

皆様のご協力をお待ち申し上げております。

ブックECO金沢 まちなかフェスティバル2012&本供養


全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

さて石川県古書籍商組合では昨年から、金沢企業人フォーラムが一昨年より行っているイベント「ブックECO金沢」と連携をし、本供養を行っております。
今年は10月28日(日)9:30〜16:30、昨年と同様に、柿木畠ポケットパーク(うつのみや本店隣)にて、本のリユース・絵本ライブ・本供養など本に関するイベントをイベントを行います。

当日、石川県古書籍商組合では、9:30〜16:00の間に、古本何でも相談室を開いておりますので、古本の関するよろずご相談を承っております。

供養したい本をお持ち込みの方は、当日15:30までに会場内の石川県古書籍商組合受付までお持ち込み下さい。
当日は、16:00より石浦神社による本供養のお祓いが執り行われます。
「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

ブックECO金沢2012の詳細につきましては、こちらをご覧下さい。

第20回一箱古本市@源法院

『一箱古本市』とは、「一箱」に、もう読まなくなった本、捨てるに忍びない本、みんなに読んでもらいたい本を中心に、手作り小物・野菜・ちょっと怪しいガラクタを詰め、金沢・主計町の路地裏にある小さなお寺・源法院の境内に並べる、ささやかな古本イベントです。本好きであれば、どなたでも出店できます。
 開催されるのは毎月最終の日曜日。界隈を散歩がてら、どうぞお気に入りの一冊・一品をお探しください!

 【日 時】  1028日(日) 10〜16時頃
  【会 場】  源法院 境内&門前金沢市主計町1-6)
  【出店料】   1000円/一箱

 問合せ、申込みは、あうん堂本舗又はオヨヨ書林まで

金沢駅に古書と新刊書の合同即売所

「本の広場」ポスター

「本の広場」は古書店4店と新刊書店1店による本の合同販売所です。金沢駅構内にあります。以前は「トレンド館」でしたが、現在は「あじわい館」で復活しています。

近隣には下記の便利な設備もあります。

■金沢駅自動交付機コーナー (友愛ショップ内)
住民票(写)、印鑑登録証明書が交付できます。
●利用時間/平日8:30〜19:00 (土日・祝日を除く)

■こどもらんど
親子のふれあいや、子育て相談もできるスペースです。
●営業時間/10:00〜16:00
●定休日 /月曜日 (月曜日が祝日の場合、翌日が休館)
     年末年始休業

古本のお好きな方は、どうぞお立ち寄りください。

今年も本供養2010!

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

本供養2010

私ども石川県古書籍商組合では本年も、下記の通り「本供養」を開催致したく、ご案内申し上げます。

「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

昨年の収益はユネスコに寄託し、「ユネスコ世界寺子屋運動」による、世界中の恵まれない子供達の教育・識字運動の一助とさせて頂きました。

今年も、金沢神社の全面的なご協力を頂き、10月2日(土)・3日(日)の2日間に亘り、境内をお借りする事が出来ましたので、こちらで供養させて頂く本の受け入れを致します。

学問の神であり前田家のご先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉された、本供養にふさわしい場を快くご提供頂いた金沢神社宮司、厚見正充様には、改めて御礼申し上げる次第です。

ご蔵書の処理にお困りの方は、この際是非ご参加下さいます様、お待ち申し上げております。

本年は新たに、金沢東別院金沢西別院の境内にて、9月27日(日)午前11時より午後7時まで古本市と本供養の事前告知を中心としたプレイベントを開催致しました。
プレイベントにて開催しました本の解剖講座ー本はどんなしくみになっているのーについては、後程その内容の一部をアップさせて頂きたいと思います。

本供養2010は、例年通り第1土曜・日曜に当たる10月2・3日に金沢神社境内にて開催致します。

[gmap name=’p78′ lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ zoom=’14’]
[gmark lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ desc=’本供養会場: 金沢神社’]
[/gmap]

本供養の概要は下記の通りとなります。

「本供養」

日 時: 2010年10月2日(土)午前10時〜午後5時

          3日(日)午前10時〜午後4時

               午後4時より本供養(お祓い)

会 場: 金沢神社境内 金沢市兼六町1番3号

方 法:

1.ご不要となった本は金沢神社境内にて受け入れを致します。本は必ずひもで縛るか、段ボール箱に入れた状態でお持込み下さい。また上記日時以外の金沢神社への本のお持込みは、何卒ご容赦下さい。

2.お車でのご来場は可能ですが、駐車場が少ないので、本を受け入れている間のみのご利用に限らせて頂きます。場内では係員の誘導に従って下さい。

3.お持ち寄り頂きました本とお引替えに、しおり(古書の日、金沢神社参拝記念)、石川古書店マップをお渡し致します。

4.一度お持込み頂きました本は一切返却出来ませんので、内容をご確認の上、不要なものだけをお出し下さい。また、本の間に挟まった私信なども同様ですのでお出しになる前にご確認下さい。

5.本供養は金沢神社様のご協力により、石川県古書籍商組合が執り行っております。本事業に関するお問い合せは下記の石川県古書籍商組合までお願い致します。金沢神社へのお問い合せはご容赦願います。

お問い合せ先: 石川県古書籍商組合
〒920-0854 石川県金沢市安江町1-11
近八書房内
TEL/FAX 076-231-6148

金沢駅で即売会ふたたび

金沢駅百番街に本の合同即売所が帰ってきました。5月14日から5月末日までの短い期間ですが、トレンド館はウェルカムアイランドに本の山ができております。山へ、川へ、ショッピングへと、おでかけの機会も多いことかとおもいます。駅をご利用の際など、ぜひお立ちより下さい。