『古本屋「やまびこ書房」の昭和ものがたり』

北國文華(季刊・北國新聞社)の第71号(2017年春)から、石川組合のやまびこ書房・武川達雄さんの連載小説『古本屋「やまびこ書房」の昭和ものがたり』が始まりました。

現在すでに85歳を超えている武川さんが歩んでこられた道を、ご自身をモデルにして小説という形で記されています。第1回は旧制中学3年生の主人公・山崎達雄が学徒動員先で終戦を迎える場面でした。武川さんご自身はその後、神田の古書店や金沢の書店に勤務され、その後に「やまびこ書房」を開かれました。ずっと本に関わり続けた人生を送ってこられた訳です。

この記事を書いている私(鴨嘴)が古本屋になりたいと思い立った際に、お世話になったのがやまびこ書房さんでした。自分の父よりも歳上の武川さんのまだ十代の頃の話は感慨深く、そしてあまり詳しく聞くことのなかったやまびこ書房前史がこれから語られると思うと、次号からの展開がとても楽しみです。

2016年図書館サポートフォーラム賞について

図書館サポートフォーラム賞

図書館サポートフォーラム賞


2016年4月2日(土)付の北國新聞朝刊に掲載された記事によりますと、石川県古書籍商組合の組合員である金沢文圃閣 田川 浩之氏は、図書館サポートフォーラムという団体よりこの度「第18回図書館サポートフォーラム賞」を授賞することとなったとの報道がなされておりました。
田川氏は、古書店経営のかたわらで、様々な出版事業を手がけており、そのひとつに「文圃文献類従」という、膨大な書誌情報をまとめたシリーズを始めとした刊行物を発刊しています。
この出版事業が、図書館サポートフォーラムより、ユニークで社会的に意義のある各種図書館活動として認められ、今回の授賞に至ったものであります。
以下にその受賞理由を、図書館サポートフォーラムのHPより転載させて頂きます。
なお、表彰式は4月18日(月)に開催予定とのことです。
この度の授賞、誠におめでとうございます。

田川浩之 氏(金沢文圃閣 代表)
 田川氏は北陸の古都金沢において古書店を営むとともに、書籍・出版・図書館・書誌・戦時期文化史資料などに関わって他にない出版活動を展開している。特色的な数例を挙げてみるならば、出版・書誌・書物メディア史の「文圃文献類従」には、田川氏ご自身の解題になる全2巻の『出版情報(戦時占領期出版関係史料集)』、天野敬太郎の「書誌の書誌」を完結せしめた『日本書誌の書誌-社会科学編(主題編3)』があり、「図書館学古典翻訳セレクション」には、ガブリエル・ノーデ『図書館設立のための助言(品切)』やピアス・バトラー『図書館学/印刷史著作集』ほかの藤野幸雄父子による訳書がある。ちなみに故藤野幸雄氏は2009年第11回の本賞を受賞されている。さらに2001年第3回本賞の受賞者である深井人詩氏の先導によって2001年以来の年刊書誌雑誌『文献探索人』、そして『文献探索人叢書』の刊行を続けられるなど、図書館員による書誌・年譜編纂の成果公開のための貴重な場を提供していることは、図書館員の自己研鑽へ向けての大きな支援、エールであると考えられる。この事業自体、図書館の外から図書館と図書館人をサポートする、まさに図書館サポートフォーラム賞にふさわしく、高く評価して表彰するものである。

今回は田川氏の他にも、埼玉県立久喜図書館、手代木俊一氏(立教大学立教学院史資料センター員/元・フェリス女学院大学附属図書館)が授賞されています。
詳しくはリンク先の図書館サポートフォーラムのページをご参照下さい。
受賞理由部分の転載許可を頂いた図書館サポートフォーラムに御礼申し上げます。

ブックECO金沢 街中フェスティバル2014 & 本供養

ブックECO金沢2014

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

石川県古書籍商組合では3年より、金沢企業人フォーラムが行っているイベント「ブックECO金沢」と連携をし、本供養を行っております。

本年は9月28日(日)10:00〜16:30、昨年と同様に、柿木畠ポケットパーク(うつのみや本店隣)にて、本のチャリティー販売・本供養など本に関するイベントをイベントを行います。
当日までに公民館に寄せられた本を、チャリティー販売しておりますので、掘り出し物や、探していた本に出会えるかもしれませんよ。

当日、石川県古書籍商組合では、10:00〜16:00の間に、古本何でも相談室を開いて、古本の関するよろずご相談を承っております。

供養したい本をお持ち込みの方は、当日15:30までに会場内の石川県古書籍商組合受付までお持ち込み下さい。
当日は、16:00より石浦神社による本供養のお祓いが執り行われます。
「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

ブックECO金沢2014につきましては、金沢企業人フォーラムのページ、こちらをご覧下さい。
ブックECO金沢のリーフレットにつきましては、こちらよりダウンロードして頂けます。

皆様のご協力・ご参加をお待ち申し上げております。

ブックECO金沢 街中フェスティバル2013 & 本供養

ブックECO金沢2013
全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

石川県古書籍商組合では一昨年より、金沢企業人フォーラムが行っているイベント「ブックECO金沢」と連携をし、本供養を行っております。
本年は9月29日(日)10:00〜16:30、昨年と同様に、柿木畠ポケットパーク(うつのみや本店隣)にて、本のリユース・絵本ライブ・本供養など本に関するイベントをイベントを行います。

当日、石川県古書籍商組合では、10:00〜16:00の間に、古本何でも相談室を開いておりますので、古本の関するよろずご相談を承っております。

供養したい本をお持ち込みの方は、当日15:30までに会場内の石川県古書籍商組合受付までお持ち込み下さい。
当日は、16:00より石浦神社による本供養のお祓いが執り行われます。
「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

ブックECO金沢2013の公民館への本の事前お持ち込みにつきましては、こちらをご覧の上、お近くの公民館へお持ち込み下さい。
ブックECO金沢の詳細につきましては、こちらをご参照下さい。
ブックECO金沢2013のチラシはこちらよりPDFファイルがダウンロード・プリントアウト出来ますので、どうぞご利用下さい。

皆様のご協力をお待ち申し上げております。

ブックECO金沢 まちなかフェスティバル2012&本供養


全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

さて石川県古書籍商組合では昨年から、金沢企業人フォーラムが一昨年より行っているイベント「ブックECO金沢」と連携をし、本供養を行っております。
今年は10月28日(日)9:30〜16:30、昨年と同様に、柿木畠ポケットパーク(うつのみや本店隣)にて、本のリユース・絵本ライブ・本供養など本に関するイベントをイベントを行います。

当日、石川県古書籍商組合では、9:30〜16:00の間に、古本何でも相談室を開いておりますので、古本の関するよろずご相談を承っております。

供養したい本をお持ち込みの方は、当日15:30までに会場内の石川県古書籍商組合受付までお持ち込み下さい。
当日は、16:00より石浦神社による本供養のお祓いが執り行われます。
「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

ブックECO金沢2012の詳細につきましては、こちらをご覧下さい。

組合員は今?

 皆様、組合員に2名の方が増えました。昨年から準備していたようです。これで23名になりました。多いか少ないか、どう思います。全国的にみると古本業界では多い方なのです。昔はともかく今も大学の多い方なのに、学生さんが本を読まない現状では、健闘していると言えます。
 かつて本は、貴重なもの高いものでした。今では各自がプリントアウト出来る時代。印刷物が安くなりました。コピーも5円になりつつあります。この変化について行けない年寄りが、組合には多い。男が多い。むさ苦しい店主ばかりだと思うでしょう?
ところが4人の女性が活躍しているのです。女性のため年はともかく、本好きで本屋が好きな女性たちです。近頃、全国的にも増えているようです。
 さあ、女性のあなたも、組合に入りませんか?(お金さえあれば簡単にはいれますよ)

組合の市の現状とは?

皆様、今日は本を交換する組合の市のご紹介です。

市には、二通りの方法があります。まず、各山の封筒に札を入れて一番高い組合員が買える、入札方法。

それが終わると次に、振りがあります。出品された山をベテランの中座という振り手が、せりを仕切る方法です。それを組合員同士がせっていくわけです。せっていくとは、どちらへ?上と下が考えられますね。貴重な本なら上がっていくのですが、ほとんどは下へ?いくのです。なんとこの不景気で、なおさら下がっていくのです。考えられますか?

何人も欲しい組合員がいて、せり上がるのであり、いなければ中座としても下げざるをえません。中座は上げたいと苦心するのですが、どうしても、下がっていくのです。それでも売れない山があります。それは「出来ず」で終わり。紙くず同然です。

  このように本が安いのです。本屋は高く買い取って、高く売りたいのです。でも出来ないのがこのご時勢。その上、デジタルの波が押し寄せて来ている。まるで津波のように、本を押し流していく。ああ。これでは古本屋に未来はないのか?ところがどっこい、古本屋が扱うのは、本だけではありません。紙、皮、木、レコードなどがあり、あらゆる道具類もあります。ですからなんとか生きていくのです。でもこれって、道具屋かな?

今年も本供養2010!

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

本供養2010

私ども石川県古書籍商組合では本年も、下記の通り「本供養」を開催致したく、ご案内申し上げます。

「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

昨年の収益はユネスコに寄託し、「ユネスコ世界寺子屋運動」による、世界中の恵まれない子供達の教育・識字運動の一助とさせて頂きました。

今年も、金沢神社の全面的なご協力を頂き、10月2日(土)・3日(日)の2日間に亘り、境内をお借りする事が出来ましたので、こちらで供養させて頂く本の受け入れを致します。

学問の神であり前田家のご先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉された、本供養にふさわしい場を快くご提供頂いた金沢神社宮司、厚見正充様には、改めて御礼申し上げる次第です。

ご蔵書の処理にお困りの方は、この際是非ご参加下さいます様、お待ち申し上げております。

本年は新たに、金沢東別院金沢西別院の境内にて、9月27日(日)午前11時より午後7時まで古本市と本供養の事前告知を中心としたプレイベントを開催致しました。
プレイベントにて開催しました本の解剖講座ー本はどんなしくみになっているのーについては、後程その内容の一部をアップさせて頂きたいと思います。

本供養2010は、例年通り第1土曜・日曜に当たる10月2・3日に金沢神社境内にて開催致します。

本供養の概要は下記の通りとなります。

「本供養」

日 時: 2010年10月2日(土)午前10時〜午後5時

          3日(日)午前10時〜午後4時

               午後4時より本供養(お祓い)

会 場: 金沢神社境内 金沢市兼六町1番3号

方 法:

1.ご不要となった本は金沢神社境内にて受け入れを致します。本は必ずひもで縛るか、段ボール箱に入れた状態でお持込み下さい。また上記日時以外の金沢神社への本のお持込みは、何卒ご容赦下さい。

2.お車でのご来場は可能ですが、駐車場が少ないので、本を受け入れている間のみのご利用に限らせて頂きます。場内では係員の誘導に従って下さい。

3.お持ち寄り頂きました本とお引替えに、しおり(古書の日、金沢神社参拝記念)、石川古書店マップをお渡し致します。

4.一度お持込み頂きました本は一切返却出来ませんので、内容をご確認の上、不要なものだけをお出し下さい。また、本の間に挟まった私信なども同様ですのでお出しになる前にご確認下さい。

5.本供養は金沢神社様のご協力により、石川県古書籍商組合が執り行っております。本事業に関するお問い合せは下記の石川県古書籍商組合までお願い致します。金沢神社へのお問い合せはご容赦願います。

お問い合せ先: 石川県古書籍商組合
〒920-0854 石川県金沢市安江町1-11
近八書房内
TEL/FAX 076-231-6148

今年も開催! 古書の日イベント&本供養

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

09年度本供養

09年度本供養

私ども石川県古書籍商組合では本年も、下記の通り「本供養」を開催致したく、ご案内申し上げます。

「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

昨年の収益はユネスコに寄託し、「ユネスコ世界寺子屋運動」による、世界中の恵まれない子供達の教育・識字運動の一助とさせて頂きました。

今年も、金沢神社の全面的なご協力を頂き、10月3日(土)・4日(日)の2日間に亘り、境内をお借りする事が出来ましたので、こちらで供養させて頂く本の受け入れを致します。

学問の神であり前田家のご先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉された、本供養にふさわしい場を快くご提供頂いた金沢神社宮司、厚見正充様には、改めて御礼申し上げる次第です。

ご蔵書の処理にお困りの方は、この際是非ご参加下さいます様、お待ち申し上げております。

本年は新たに、石川四高記念文化交流館1Fの多目的利用室1にて、9月27日(日)午前10時より午後6時まで展示会(出品目録はこちら)と本供養の事前告知を中心としたプレイベントを開催致します。

本供養につきましては、例年通り第1土曜・日曜に当たる10月3・4日に金沢神社境内にて開催致します。

イベントの概要は下記の通りとなります。

「古書の日プレイベント」

日 時: 2009年9月27日(日)午前10時〜午後6時

会 場: 四高記念文化交流館 金沢市広坂2丁目2番5号

内 容: 1. 古書に見る石川の教育史展 (出品目録はこちら)

2. 和綴じ本綴じ糸修理講座

3. 古本よろず相談室

4. 本供養告知・書籍受け入れ

「本供養」

日 時: 2008年10月3日(土)午前10時〜午後5時

4日(日)午前10時〜午後4時

午後4時より本供養(お祓い)

会 場: 金沢神社境内 金沢市兼六町1番3号

方 法:

1.ご不要となった本は金沢神社境内にて受け入れを致します。本は必ずひもで縛るか、段ボール箱に入れた状態でお持込み下さい。また上記日時以外の金沢神社への本のお持込みは、何卒ご容赦下さい。

2.お車でのご来場は可能ですが、駐車場が少ないので、本を受け入れている間のみのご利用に限らせて頂きます。場内では係員の誘導に従って下さい。

3.お持ち寄り頂きました本とお引替えに、しおり(古書の日、金沢神社参拝記念)、石川古書店マップをお渡し致します。

4.一度お持込み頂きました本は一切返却出来ませんので、内容をご確認の上、不要なものだけをお出し下さい。また、本の間に挟まった私信なども同様ですのでお出しになる前にご確認下さい。

5.本供養は金沢神社様のご協力により、石川県古書籍商組合が執り行っております。本事業に関するお問い合せは下記の石川県古書籍商組合までお願い致します。金沢神社へのお問い合せはご容赦願います。

お問い合せ先: 石川県古書籍商組合
〒920-0854 石川県金沢市安江町1-11
近八書房内
TEL/FAX 076-231-6148

10月4日は古書の日、10月は古書月間 古書月間イベント「本供養」開催!

 

本供養08

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

 

私ども石川県古書籍商組合でも、「石川の古本屋HP」の開設、「石川古書店マップ」の作成、「石川の古本屋HP」のリニューアル(ブログ化)など様々な広報活動に取り組んで参りました。 この活動の一環として昨年は「本供養」を開催させて頂きました。 

本年も、下記の通り「本供養」を開催致したく、ご案内申し上げます。

「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

昨年は震災に遭われた能登地区の復興支援の一助にと、能登半島地震災害義援金として石川県に寄託させて頂きました。

今年も、金沢神社の全面的なご協力を頂き、10月4日(土)・5日(日)の2日間に亘り、境内をお借りする事が出来ましたので、こちらで供養させて頂く本の受け入れを致します。

学問の神であり前田家のご先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉された、本供養にふさわしい場を快くご提供頂いた金沢神社宮司、厚見正充様には、改めて御礼申し上げる次第です。

ご蔵書の処理にお困りの方は、この際是非ご参加下さいます様、お待ち申し上げております。

 

本年は、新たに併催イベントとして5日(日)の午後2時より、朗読小屋 浅野川倶楽部の高輪真知子氏による朗読会を開催させて頂く事と致しましたので、併せてお楽しみ頂ければと思っております。

 まだ3年目のささやかなイベントではございますが、今後も継続して参りたいと存じますので、報道各社様に於かれましてはご取材の程、お願い申し上げる次第でございます。

 

 

「本供養」開催要綱
日時: 2008年10月4日(土)午前10時〜午後5時          

 5日(日)午前10時〜午後4時
午後4時より本供養(お祓い)
場所: 金沢神社境内 金沢市兼六町1番3号
方法: 1. ご不要となった本は金沢神社境内にて受け入れを致します。本は必ずひもで縛るか、段ボール 箱に入れた状態でお持込み下さい。また上記日時以外の金沢神社への本のお持込みは、何卒ご容赦下さい。
  2. お車でのご来場は可能ですが、駐車場が少ないので、本を受け入れている間のみのご利用に限らせて頂きます。場内では係員の誘導にしたがって下さい。
  3. お持ち寄り頂きました本とお引替えに、しおり(古書の日、金沢神社参拝記念)、石川古書店マップをお渡し致します。
  4. 一度お持込み頂きました本は一切返却出来ませんので、内容をご確認の上、不要なものだけをお出し下さい。また、本の間に挟まった私信なども同様ですのでお出しになる前にご確認下さい。
  5. 本供養は金沢神社様のご協力により、石川県古書籍商組合が執り行っております。本事業に関するお問い合せは下記の石川県古書籍商組合までお願い致します。金沢神社へのお問い合せはご容赦願います。

 

「本供養」イベント/朗読の愉しみ

 

1 期 日    10月5日(日)  午後2時

2 会 場    兼六園内 金沢神社境内 (雨天時社務所内和室)

3 出演者    高輪眞知子氏  (朗読小屋 浅野川倶楽部)  

4 朗読作品   五木寛之作『小立野刑務所裏』(予定)

5 朗読時間   25分

6 参加費    無料

 

【出演者プロフィール】

高輪眞知子  Machiko Takanawa

1973年、東京ドラマスクールを卒業後、金沢でドラマ工房「ピコロ」を結成、別役実作品に挑戦。1990年より制作集団「鏡花劇場」に参加。地元演劇界の代表的女優。2000年、泉鏡花記念館開館1周年記念公演 朗読劇「湯島の境内」出演を機に出前公演を企画し、現在に至る。地域演劇の活性化に貢献し、平成十四年度「金沢市文化活動賞」を受賞する。 2005年4月、表川なおきと共に「朗読小屋 浅野川倶楽部」を設立。県民市民を対象に朗読講座を開講し郷土文学作品の魅力にふれると同時に地域文化のあり方を追求している。

 

お問い合せ先: 石川県古書籍商組合
〒920-0854 石川県金沢市安江町1-11
近八書房内
TEL/FAX 076-231-6148