10月4日は古書の日、10月は古書月間 古書月間イベント「本供養」開催!

 

本供養08

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

 

私ども石川県古書籍商組合でも、「石川の古本屋HP」の開設、「石川古書店マップ」の作成、「石川の古本屋HP」のリニューアル(ブログ化)など様々な広報活動に取り組んで参りました。 この活動の一環として昨年は「本供養」を開催させて頂きました。 

本年も、下記の通り「本供養」を開催致したく、ご案内申し上げます。

「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益をチャリティーとして更に社会貢献させて頂くというものです。

昨年は震災に遭われた能登地区の復興支援の一助にと、能登半島地震災害義援金として石川県に寄託させて頂きました。

今年も、金沢神社の全面的なご協力を頂き、10月4日(土)・5日(日)の2日間に亘り、境内をお借りする事が出来ましたので、こちらで供養させて頂く本の受け入れを致します。

学問の神であり前田家のご先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉された、本供養にふさわしい場を快くご提供頂いた金沢神社宮司、厚見正充様には、改めて御礼申し上げる次第です。

ご蔵書の処理にお困りの方は、この際是非ご参加下さいます様、お待ち申し上げております。

 

本年は、新たに併催イベントとして5日(日)の午後2時より、朗読小屋 浅野川倶楽部の高輪真知子氏による朗読会を開催させて頂く事と致しましたので、併せてお楽しみ頂ければと思っております。

 まだ3年目のささやかなイベントではございますが、今後も継続して参りたいと存じますので、報道各社様に於かれましてはご取材の程、お願い申し上げる次第でございます。

 

[gmap name=’p78′ lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ zoom=’14’]
[gmark lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ desc=’本供養会場: 金沢神社’]
[/gmap]

 

「本供養」開催要綱
日時: 2008年10月4日(土)午前10時〜午後5時          

 5日(日)午前10時〜午後4時
午後4時より本供養(お祓い)
場所: 金沢神社境内 金沢市兼六町1番3号
方法: 1. ご不要となった本は金沢神社境内にて受け入れを致します。本は必ずひもで縛るか、段ボール 箱に入れた状態でお持込み下さい。また上記日時以外の金沢神社への本のお持込みは、何卒ご容赦下さい。
  2. お車でのご来場は可能ですが、駐車場が少ないので、本を受け入れている間のみのご利用に限らせて頂きます。場内では係員の誘導にしたがって下さい。
  3. お持ち寄り頂きました本とお引替えに、しおり(古書の日、金沢神社参拝記念)、石川古書店マップをお渡し致します。
  4. 一度お持込み頂きました本は一切返却出来ませんので、内容をご確認の上、不要なものだけをお出し下さい。また、本の間に挟まった私信なども同様ですのでお出しになる前にご確認下さい。
  5. 本供養は金沢神社様のご協力により、石川県古書籍商組合が執り行っております。本事業に関するお問い合せは下記の石川県古書籍商組合までお願い致します。金沢神社へのお問い合せはご容赦願います。

 

「本供養」イベント/朗読の愉しみ

 

1 期 日    10月5日(日)  午後2時

2 会 場    兼六園内 金沢神社境内 (雨天時社務所内和室)

3 出演者    高輪眞知子氏  (朗読小屋 浅野川倶楽部)  

4 朗読作品   五木寛之作『小立野刑務所裏』(予定)

5 朗読時間   25分

6 参加費    無料

 

【出演者プロフィール】

高輪眞知子  Machiko Takanawa

1973年、東京ドラマスクールを卒業後、金沢でドラマ工房「ピコロ」を結成、別役実作品に挑戦。1990年より制作集団「鏡花劇場」に参加。地元演劇界の代表的女優。2000年、泉鏡花記念館開館1周年記念公演 朗読劇「湯島の境内」出演を機に出前公演を企画し、現在に至る。地域演劇の活性化に貢献し、平成十四年度「金沢市文化活動賞」を受賞する。 2005年4月、表川なおきと共に「朗読小屋 浅野川倶楽部」を設立。県民市民を対象に朗読講座を開講し郷土文学作品の魅力にふれると同時に地域文化のあり方を追求している。

 

お問い合せ先: 石川県古書籍商組合
〒920-0854 石川県金沢市安江町1-11
近八書房内
TEL/FAX 076-231-6148

10月4日は古書の日、10月は古書月間 古書月間イベント「本供養」開催!

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

私ども石川県古書籍商組合でも、「石川の古本屋HP」の開設、「石川古書店マップ」の作成、「石川の古本屋HP」のリニューアル(ブログ化)など様々な広報活動に取り組んで参りました。
この活動の一環として昨年は「本供養」を開催させて頂きました。
(昨年の本供養の模様はこちら

本年も、下記の通り「本供養」を開催致したく、ご案内申し上げます。

「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益は、3月に震災に遭われた能登地区の復興支援の一助として頂きたく、石川県の能登半島地震災害義援金に寄託させて頂きたいと考えております。

今年も、金沢神社の全面的なご協力を頂き、10月6日・7日の2日間に亘り、境内をお借りする事が出来ましたので、こちらで供養させて頂く本の受け入れを致します。
学問の神であり前田家のご先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉された、本供養にふさわしい場を快くご提供頂いた金沢神社宮司、厚見正充様には、改めて御礼申し上げる次第です。

ご蔵書の処理にお困りの方は、この際是非ご参加下さいます様、お待ち申し上げております。

[gmap name=’p78′ lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ zoom=’14’]
[gmark lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ desc=’本供養会場: 金沢神社’]
[/gmap]

「本供養」開催要綱
日時: 2007年10月6日(土)午前10時〜午後5時    

 7日(日)午前10時〜午後3時
午後3時より本供養(お祓い)
場所: 金沢神社境内 金沢市兼六町1番3号
方法: 1. ご不要となった本は金沢神社境内にて受け入れを致します。本は必ずひもで縛るか、段ボール 箱に入れた状態でお持込み下さい。また上記日時以外の金沢神社への本のお持込みは、何卒ご容赦下さい。
  2. お車でのご来場は可能ですが、駐車場が少ないので、本を受け入れている間のみのご利用に限らせて頂きます。場内では係員の誘導にしたがって下さい。
  3. お持ち寄り頂きました本とお引替えに、しおり(古書の日、金沢神社参拝記念)、石川古書店マップをお渡し致します。
  4. 一度お持込み頂きました本は一切返却出来ませんので、内容をご確認の上、不要なものだけをお出し下さい。また、本の間に挟まった私信なども同様ですのでお出しになる前にご確認下さい。
  5. 本供養は金沢神社様のご協力により、石川県古書籍商組合が執り行っております。本事業に関するお問い合せは下記の石川県古書籍商組合までお願い致します。金沢神社へのお問い合せはご容赦願います。
お問い合せ先: 石川県古書籍商組合
〒920-0854 石川県金沢市安江町1-11
近八書房内
TEL/FAX 076-231-6148

_____________________07.gif

能登半島地震について

このたびの能登半島地震で被災されました皆さまへ心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を祈念いたします。

また、県外各地のみなさまよりご心配および励ましのお言葉をいただき、厚くお礼申し上げます。
石川県古書籍商組合各店において大きな被害のあった店はほとんどなく、現在各店とも平常どおりに営業致しております。何卒ご休心のほどお願い申し上げます。

石川県古書籍商組合

本供養顛末記

ずいぶんと間が空いてしまいましたが、石川県古書籍商組合にて10月28・29日の両日にわたって開催した本供養についてのご報告をしたいと思います。(本供養の主旨については、先のエントリをご参照下さい。)

何分にも初めてのイベントでもあり、組合として対外的に取り組む事柄は久しぶりであったという事もあり、10月4日の古書の日に合わせて、組合サイトでの発表、記者クラブへのプレスリリースの配布によるパブリシティーなどでわずかながらも広報をしてきたのですが、いかんせんアピール不足は否めないところでもあり、日程が迫ってくるにつれいったいどれほどの本が集まるのか不安は募るばかりでした。
熱心に取材して頂き、記事を掲載して下さった新聞各社様には、心より御礼申し上げます。

そんな状態のまま本供養当日の28日を迎え、車に機材類を積んで会場となる金沢神社へと向かったのでした。

CA330058.jpgCA330056.jpg 幸いにも秋晴れの良い天気に恵まれ、集まった理事の皆さんと用意してきた誘導用の看板やノボリ旗を設置し、境内にテントを張り、テーブルを並べるとどうにか会場も格好が付き、宮司の厚見さんが張った下さった注連縄で、会場はいよいよそれらしい雰囲気になってきました。

CA330061.jpg
予定の10時になり、当番として集まってくれた皆さんは成巽閣手前の受入場所と境内の本部テントに分かれて本を待ちます。

予想に違わず最初は静かな滑り出しで、本当の持ち寄って下さる方があるのだろうかとやや懐疑的な雰囲気が漂いはじめる中、11時過ぎに始めのお一人がお車で本を持ち込んで下さいました。
お礼代わりに石川県古書店マップと古書の日の栞、金沢神社さんからご提供の参拝記念の栞の三点セットをお渡しします。
これを口切りに午後からは続々と本が持ち込まれはじめました。

CA330062.jpg
中には自転車やスクーター、手持ちで少しずつ持ち込まれる方もおられ、本当に感謝の気持ちで一杯になりました。
本部テントでは、そうやって持ち込まれた本を交換会(市場)に出品する物と、リサイクルに出す物へと仕分けていきます。

この様にして、二日間に亘って持ち込まれた本は段ボール箱にして50〜60箱分にもなったでしょうか。
初めてにしては 思いもかけぬ量になり、そのうちの約半分は交換会へ出品出来るものでした。

これらの本は二日目の29日、午後3時からお祓いして頂き、 会場から運び出されていきました。

061029e.jpg
仕分けられた本は、11月10日に開催された石川組合秋季特選市と24日の通常市に出品され、無事第二の人生へと旅立っていきました。
会計報告やユネスコへの寄託などは追ってこのサイトにてご報告したいと思います。

今回は準備期間も短く至らぬ所も多い企画ではありましたが、皆様の温かいご支援があって何とか無事終了することが出来ました。
折角はじめることのできた「本供養」なので、来年も引き続き開催し、定着させていきたいと考えております。

皆様からのご提案やご意見などがございましたら、遠慮なくお寄せください。

今日は古書の日、10月は古書月間 古書月間イベント「本供養」開催!

全国の古書店約2400軒により組織される「全国古書籍商連合会」(全古書連)では、全国の古書店の活動を広く周知すべく、2003年に10月4日を「古書の日」、10月を「古書月間」と制定し、全国各地で様々のイベント活動を行っております。

私ども石川県古書籍商組合でも、「石川の古本屋HP」の開設、「石川古書店マップ」の作成、「石川の古本屋HP」のリニューアル(ブログ化)など様々な広報活動に取り組んで参りました。

本年は新しい試みとして、下記の通り「本供養」を開催致したく、ご案内申し上げます。

「本供養」の主旨は、ご家庭などでご家族や故人が愛読されていた、単に捨ててしまうには忍びない本や雑誌、教科書等の様々な書籍をお持ち寄り頂き、長年のその役割に感謝すると共に、お祓いをして供養して頂いた後、書籍のプロたる古書店の眼で選別をさせて頂き、役割を終えたものについてはリサイクルへ、まだまだ利用の出来る本や後世に伝えていくべきものについては、当組合運営の交換会にて入札やセリを行い、その本を必要とされている方々の元へとお届けして社会に還元して参ると共に、それにより得られた収益は、ユネスコに寄託し、「ユネスコ世界寺子屋運動」による、世界中の恵まれない子供達の教育・識字運動の一助にして頂ければと考えております。

幸いにも今回、金沢神社の全面的なご協力を頂き、10月28日・29日の2日間に亘り、境内をお借りする事が出来ましたので、こちらで供養させて頂く本の受け入れを致したいと思っております。
学問の神であり前田家のご先祖でもある菅原道真公の御舎利を奉斉された、本供養にふさわしい場を快くご提供頂いた金沢神社宮司、厚見正充様には改めて御礼申し上げる次第です。

ご蔵書の処理にお困りの方は、この際是非ご参加下さいます様、お待ち申し上げております。

[gmap name=’p78′ lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ zoom=’14’]
[gmark lat=’36.560467′ lng=’136.662865′ desc=’本供養会場: 金沢神社’]
[/gmap]

「本供養」開催要綱
日時: 2006年10月28日(土)午前10時〜午後5時

29日(日)午前10時〜午後3時
午後3時より本供養(お祓い)
場所: 金沢神社境内 金沢市兼六町1番3号
方法: 1. ご不要となった本は金沢神社境内にて受け入れを致します。本は必ずひもで縛るか、段ボール 箱に入れた状態でお持込み下さい。また上記日時以外の金沢神社への本のお持込みは、何卒ご容赦下さい。
2. お車でのご来場は可能ですが、駐車場が少ないので、本を受け入れている間のみのご利用に限らせて頂きます。場内では係員の誘導にしたがって下さい。
3. お持ち寄り頂きました本とお引替えに、しおり(古書の日、金沢神社参拝記念)、石川古書店マップをお渡し致します。
4. 一度お持込み頂きました本は一切返却出来ませんので、内容をご確認の上、不要なものだけをお出し下さい。また、本の間に挟まった私信なども同様ですのでお出しになる前にご確認下さい。
5. 本供養は金沢神社様のご協力により、石川県古書籍商組合が執り行っております。本事業に関するお問い合せは下記の石川県古書籍商組合までお願い致します。金沢神社へのお問い合せはご容赦願います。
お問い合せ先: 石川県古書籍商組合
〒920-0854 石川県金沢市安江町1-11
近八書房内
TEL/FAX 076-231-6148

石川の古本屋サイトがブログ化

こちらを訪れて下さった皆様、ようこそいらっしゃいました。
このサイトは石川県古書籍商組合という古本屋の組合団体により運営されております。
申し遅れましたが、私は当組合の理事長を仰せ付かっておりますchikahachiと申します。
石川県古書籍商組合はこのサイトの組合加盟店一覧にありますように、24店舗の加盟店にて構成されております。
お近くにお立ち寄りの際は、ちょっと覗いてみて下さい、懐かしい本、探していた本、新しい発見に出会えるかも知れませんよ。

このサイトがオープンしたのは一昨年の10月、全国古書籍商組合連合会(長い!)が制定した「古書の日」(10/4)並びに「古書月間」(10月)を記念してオープンしました。
しかしながらついこの間までは、組合の紹介と各店舗の案内がひっそりと掲載されただけの、変化に乏しいページでもありました。
それでもアクセスログを見ればそれなりに多くの方々が検索を通じてこのサイトに訪れて頂いていました。
そこでこれではいけないとばかりに、今春より当サイトの活性化を図るべくサイト全体をブログ化して、組合員の古本屋が自由且つ簡単に、各店なりの記事を掲載出来る様にしたのが、今見て頂いているこのサイトです。

ご訪問頂きました皆様にもコメントをしていただくことが出来る様になっておりますので、何かお問い合せやご意見が有ればどうぞお寄せ下さい。
何分にも数名を除いては、ブログ自体が初めてというメンバーばかり、何卒温かい眼で見守って頂ければ幸いです。
今後とも石川の古本屋をよろしくお願い申し上げます。

リニューアル

石川県古書籍商組合のホームページを一新しました。
「猫も杓子もインターネット…」というような文を書いたのが数年前、昨今では「猫も杓子もブログ…」といった感もあります。私たちのページもそんなスタイルになりました。
以前に比べるといろいろ便利な道具が揃ってきて、こんなページを作るのも苦ではなくなりました。
これからは当組合加盟古書店の面々が登場して、古書にまつわる話、昔の石川の古本屋の話、そのほかいろいろ書いていく予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。